1. HOME
  2. ブログ
  3. 【11/18】オトナの鬼ごっこ〜童心に、戻れ〜

【11/18】オトナの鬼ごっこ〜童心に、戻れ〜

万博記念公園で広々と鬼ごっこ☆

<おとなの鬼ごっこのポスター>

風が冷たくなり、本格的な冬に近づいてきましたね。
家の中で過ごすことが増えてきていませんか?
日々過ごしているだけじゃ、運動不足になっていませんか?
楽しくかつ健康的にこの冬を乗り切りたい。
そこで開催しました、オトナの鬼ごっこ!

<万博公園の写真>

開催場所はなんと万博記念公園!
大規模な敷地で、大規模な鬼ごっこ。お天気にも恵まれピクニック日和♪
しかも紅葉シーズンということで、紅葉を楽しみながらみんなでスポーツを楽しむことができました。

ルールは簡単、ハンターと逃走者に分かれて鬼ごっこをします。
ミッションありきの逃走劇!
勝つのは逃走者か?それともハンターか!?

オトナの鬼ごっこ、スタートです♪

MS1→裏切り者を探せ!
逃走者の格好をしたハンターが、逃走者の中に紛れている。
裏切り者は随時逃走者の情報をハンターに流しているぞ!
あなたの隣にいるのは、裏切り者かもしれない・・・
一体その正体とは!?
信用できるのは自分自身!
終了の鐘がなるまでに裏切り者を見つけよ!

なんとこのミッション、最後まで暴かれることはありませんでした!
制限時間終了後、裏切り者が逃走者からハンターへと変身した瞬間・・・

「まさか!?」と裏切り者を見つめる逃走者たちの度肝を抜かれた表情に、
裏切り者は、してやったり(笑)

MS2.3→指定された写真を撮って生き残れ!
制限時間内に、指定の写真と同じ場所で写真を撮れ!
もし時間に間に合わなければ、なんと・・・強制脱落!!!

<指定された写真>

逃走者はハンターの目をかいくぐりながらミッション達成に奮闘♪
小川を飛び越え、道なき道を歩み、服に葉っぱをたくさんつけ・・・
まるで忍者のような方がたくさんいました(笑)

ハンターは逃走者の捕獲、MS達成の阻止に奮闘♪
ハンターの獲物を捕らえる目は鋭く、一度狙われたら最後。
追いかけられたときは本当に怖かったという意見が多数でした♪
男女関係なく本気モードで全力疾走。
オトナの鬼ごっこは追う方も追われる方も、本気なのです!

~ちなみに~

捕獲されたらもう楽しめない?
そんなことはありません!
ここではみんなが楽しめるように、復活チャンスが用意されています。
捕獲された逃走者の中からくじ引きやゲームで、復活者を決定!
逃走者となり復活することも、ハンターとなり復活することもあります。
何度でもゲームを楽しむことができ、捕獲された人が集まる本部まで熱気に包まれていました♪

MS4→エリア縮小!
いよいよファイナルステージ。
逃げも隠れもできない芝生の上。
最後の一秒まで、駆け抜けろ!!!

ファイナルステージの突入です。
縮小されたエリアはなんと、遮るものがほとんどない芝生エリア。
ハンターたちがぞくぞくと集まってきて、逃走者も逃げるのに必死です!

<芝生エリアで鬼ごっこしてる写真>

そしていよいよ、白熱したバトルも終了の鐘とともに終了。
結果はいかに!?

結果発表・賞金授与

さてこのオトナの鬼ごっこ、なんと最高賞金は10万円!
逃走者が生き残っていたら生き残り組で賞金を独占♪
逃走者が全員捕まっていたらハンターで山分けです。

さぁ、賞金は一体誰の手に!?

<賞金授与の時の写真(なければお金の写真)>

気になる結果は・・・なんと!

ファイナルステージのあの見晴らしの良いエリアにもかかわらず、
逃走者が2名逃げ切り、逃走者の勝利!本当におめでとうございます♪

~結果~
完全逃走者・・・1名
途中で復活し、最後まで逃走成功できた方・・・1名
ファイナルステージまで生き残った方・・・2名

それぞれ賞金授与を行いました。
惜しくも全員捕獲とならなかったハンターの方たちにも、盛大な拍手が送られました。
本当にお疲れ様でした!

終わりに・・・

一見個人戦かと思える鬼ごっこですが、終了後はみんな自然と笑顔でお互いの健闘を称え合い、仲良くなっていました。
筋肉痛になった方もチラホラ。全力で楽しんでいた証ですね♪

おかげさまで大きな怪我もなく、楽しく無事終えることができました。
すべてはみなさまのご協力があってこそのことだと思います。
ご協力していただいた方、都合を合わせてご参加いただいた方、本当にありがとうございました。

そして次回のオトナアソビイベントは・・・
2018/12/25(火)、クリスマスの夜にグランピングパーティーを開催します。

結婚式場を貸し切ってクリスマスパーティーなんて、一生に一度の思い出になることまちがいなし!
すてきな場所で、おしゃれにクリスマスを楽しんじゃいましょう。
みなさまと聖なる夜をともに過ごせることを、楽しみにお待ちしております。